シーホースNEWS
2020年12月25日 配信

ねじの強化書(Vol.18)

SWCHの直後に付帯する数値は炭素の含有量のことで、8から18までが多いのですが
これは含有量の100倍の数値で表わします。
つまり、8なら炭素の含有量0.08%となります。

これらは低炭素鋼で、この先に出てくる強度区分で言うと4.8
いわゆる低強度のネジを作るために利用されます。
また、このSWCHの炭素の含有量には45、つまり0.45%も含有するものもあって
これはかなりの含有量で、熱処理を前提とする材料で、強度区分で言うと8.8
いわゆる中強度のネジを作るために利用されることがあります。
鋼の代名詞のような扱いをされることが多いのが、一般構造用圧延鋼材で
代表的な鋼種はSS400です。

ただ、流通量が比較的多いネジ径でこの材料が利用されることは極めて少なく
どちらかと言えば太いネジ径、例えばM36以上のボルトやアイボルト、
アイナットといった製品に利用されることが多いです。
アルファベットや数字が持つ意味は以下の通りです。

・S・・・Steel(鋼)のS、材質を表わしています
・S・・・Structure(構造用)のS、規格を表わしています
・400・・・最少引張応力(400MPa)を表わしています

お気づきのように、この材料には炭素量の規定はなく
その代わりに最少の引張応力が規定されています。
この引張応力Pa(パスカル)は、以前はN/mm2という単位で
1m2の面積につき1N(ニュートン、1Nは約0.1kgf)の力が作用する圧力
または応力を1Pa(1N/m2)、400Mpa(メガパスカル)とは
400,000,000Pa(400,000,000 N/m2)で、N/mm2で言うと
400 N/mm2となります。

つまり、最少引張応力400MPa とは、1mm2の材料において
約40㎏の応力に対応可能、つまり応力を与えても壊れてはいけないということになります。
今回は以上です。

ところで、M(メガ)とかの記号を接頭辞と言いますが
コンピュータのデータ量(バイト、Byte)の単位ではお馴染みだと思います。
1バイトの千倍(103、10の3乗)でK(キロ)、百万倍((106、10の6乗)で
M(メガ)、10億倍で(109、10の9乗)でG(ギガ)、
1兆倍(1012、10の12乗)でT(テラ)となりますよね。
私がパソコンを使い始めたころは、まだ取り扱うデータ量も少なく
数メガ程度で十分でしたが、近ごろは取り扱う画像や動画も多くなって
瞬く間にギガレベルまでに至るようになりました。
データ量はこの先どこまで大きくなるのでしょうか。




ねじのゆるみを止める!『シーホースロック』

技術営業チームの砂邊(スナベ)です。
いつもシーホースNEWSのご愛読ありがとうございます。
さて、本日は、コロナ禍でもお問合せが多い、シーホースロックのご案内です。

シーホースロックは、接着剤を予め塗布した状態でお届けする
プレコートタイプのゆるみ止めねじです。
ねじのゆるみを止める方法は様々ですが
『ゆるんだ!』となるとよく取られる対策しては
ねじ用のゆるみ止め接着剤をねじ部に塗布する方法がございます。
この方法、簡単にできるのですが
気を付け無ければいけない3つポイントがございます。

①作業の手間
②塗り忘れ
③塗りムラ

シーホースロックをご使用いただく最大のメリットは
ねじのゆるみを止めることですが
作業時に発生する3つのポイントを改善することが出来ます。
詳細は、動画でもご確認いただけます。



シーホースロックの効果は、ねじのゆるみを比較試験する
NAS式振動試験機で評価しております。
詳細は、動画でもご確認いただけます。



シーホースロックは、ゆるみを止め、
作業時に手間、塗り忘れ、塗りムラを防止することができます。

各品番のトルク解析や振動試験を行っており、仕様環境に合わせてご提案をさせて頂きます。
気になる方は、是非、お問合せ下さい。
その他、ゆるみのメカニズムなど知りたい方はネジの締付けなど、解説しておりますので
イケキンTVをご視聴下さい。

なるほど!ねじのおもしろ講座 開催中!
おもしろ講座 オンライン版
タッピンねじのトルク曲線解析セミナー オンライン版




ひとりごと

営業部の石戸(イシド)です。
少し前に足を骨折しました。
骨折自体はたいしたことはなかったのですが、歩いたり
車を運転したりするときには幾分の不自由は感じました。
もちろん、走ることなんて出来やしません。
大阪人の特徴として、①食べるのが速い、②話すのが速い、③歩くのが速い
というものがあります。

生まれも育ちも大阪の私は3つとも例外なく当てはまるのですが
今回のように速く歩けないことへのストレスは相当なものでした。
ただ、ゆっくり歩くことで、あっ!こんなところにネジがあるやん!と
インスタグラムのネタが見つかる、といった効用もありました。
(イケキンのインスタグラムはikekin70で検索してみてくださいね!)
なので、骨折はもうコリゴリですが、新たな発見があったりするので
たまにはゆっくり歩くのも良いものです。

では、なぜ骨折をしたかというと、ボルトに例えると、加わった外
この場合はせん断応力ですが、その外力にそのボルトが耐えられなかった
ということでしょうか。

それとも、相手材が硬すぎたからでしょうか。
もしくは・・・?

ネジの営業マンとしては、使用するボルト強度や相手材の再確認と
再発防止のためにキチンと検証しなければなりませんね。