メニュー閉じる
お問い合わせ
セミナー / 研修 資料ダウンロード
メニュー閉じる
お問い合わせ
セミナー / 研修 資料ダウンロード
ホームイケキンの強み技術提案力
イケキンの強み

技術提案力

お客様の用途やアプリケーションに合わせて最適な問題解決方法をご提案しております。

高い技術提案力を保持している理由

お客様が抱える課題に真摯に対応し、最適な締結方法を提案することが社内文化として根付いています。
しかし最適と言っても、その解は業界や部門の視点によって異なります。
設計部門は軽量化や部品点数削減を、生産部門は品質の向上と作業効率化を、調達部門は安定供給と原価低減を…とそれぞれのニーズは様々です。ときにお客様企業内の調整役として走りまわることで、QCDのバランスを取る役回りを担うことだってあります。
またネジについても材質や製造方法、形状や表面処理など実は多岐にわたる項目について考える必要があります。単価は数円のものであっても、妥協することはプロとして許されません。
そしてお客様の現状だけではなく長期ビジョンはもちろん、エンドユーザー様のニーズについてもアンテナを張り、より良い提案をすることが使命です。

お客様によって異なる「最適」を提供

70年を超える歴史の中で、お客様と一緒に”製造現場で”課題解決にあたってきた実績と経験値は大きな財産になっています。
またネジ単体だけではなく、アプリケーションとセットで学んできた蓄積がエンジニアの方との共通言語になっており、支持される要因になっているのだと感じます。それらのナレッジやノウハウは、お客様向けのセミナーや研修プログラムに変換することによって姿を変え確実に組織全体の厚みを増しています。
またネジの技術診断や試験代行サービスでは未来の技術を扱う試作・開発のご相談を多くいただいています。結果として、新たな知見を得る窓口になっており、それらは部門の垣根を超えて開催される社内サークル活動で共有、承継される仕組みがあります。メンバー間では実際の締結体をテーマに製造方法を変更したら、ネジ長さを長くしたら、材質を変更したら…とマニアックな議論をすることが文化になっています。

経験と勘だけに頼らず実証をすること

イケキンには専門のエンジニアチームが存在しています。
技術的な相談をいただくと、日本全国(たまに海外)に出張して製造現場を確認し、実際に締付作業をする方の声を聴きながら事象の考察をしていきます。その足で離れた研究機関やメーカーの工場に走り、実験をすることもしばしばあります。
もちろん勘や経験は重要ですが、それだけに頼らず実証することにこだわりたいのです。ときには「ネジのために、そこまで考えるんですね。」とお客様に驚かれることもありますが、最終的には必要な検証作業だったとご感想をいただけます。
私たちはどれだけ手間がかかっても、お客様への貢献ひいては社会の発展につながると信じています。

 

ねじ締結のお悩みは
イケキンが解決します!
ねじ・締結部品に関するご相談・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。