TOP製品一覧>DISGO

DISGO

高耐食・表面処理
三価クロム、六価クロムは含んでいません
DISGO
ディスゴ処理・・・ 高張力ボルトなどの様に水素脆性が発生しては困る商品のために考え出された画期的な高耐食性防錆処理です。

 DISGOの特徴

1.
高耐食性防錆力
 1000時間以上の塩水噴霧試験に耐えます。
2.
無水素脆性
 酸洗や電解工程がないので、水素脆性による遅れ破壊の心配がありません。
3.
クロムフリー
 クロム、鉛、カドミウム等の有害物質は一切使用していません。
4.
処理温度が低い
 処理温度は200℃以下でも可能なので、製品の強度に影響を与えません。
5.
酸性雨に強い
 耐薬品性、耐候性に優れています。
6.
アルミ部材の電気腐食を低減する
 接合及び接触するアルミ部材の電気腐食による孔食を低減します。
7.
耐熱性に優れる
 電気亜鉛メッキに比べ耐熱性が優れています。
8.
付き廻り製に優れる
 電気亜鉛メッキでは処理が困難であった複雑な形状のものにも適用できます。
9.
溶接部の耐食性に優れる
 メッキに比べ溶接部の耐食性が優れています。
10.
低トルクでの締付けが可能
 低摩擦係数仕様により、低トルクでの締め付けも可能です。
11.
幅広い塗装方法
 スプレー、ディップスピン、ディップドレン等の幅広い塗装が可能です。

 DISGOの構造

ディスゴは現在最先端の塗装技術です。皮膜構造はトップコートとベースコートの2層で構成されており、高力ボルトにディスゴ処理すれば、水素脆性がないので遅れ破壊の心配のないボルトとして使えます。
クロムフリーでこの高耐食性は他を圧倒しています。
皮膜の構造&皮膜の作用

 DISGOの種類

 塩水噴霧1000時間後の違い

 DISGOの処理工程概要

 DISGOの処理の用途

住宅から大橋まで、小物プレスから航空機までクロムフリー高耐食性が用途を広げています。
クロムフリーで強い皮膜がいろんな用途に適用できます。

ページトップへ戻る

溶融亜鉛メッキの仕様を外さず、
更なる耐ガス性・耐食性が得られる表面処理はこちら

在庫表

(PDF/62.7KB)

(締結.jpにリンクされます)